So-net無料ブログ作成
検索選択

ファナティック インナーウェイト [バリオス カスタム]

こんにちは、ピンです。

以前ノーマルハンドルから、
コンドルハンドルに交換しましたので、
長時間走行すると手が痺れるようになりました。

なのでファナティック インナーウェイトを、
バリオスに装着することにしました。

image-20150318152056.png

ますはアクセル側から作業を開始します。

バーエンドのネジは5mmのヘキサゴンタイプです。

image-20150318143122.png

さっそくインナーウェイトをハンドルにインサートします。

image-20150318143137.png

この辺ぐらいで一旦仮に閉めていきます。

インナーウェイトのネジは4mmのヘキサゴンタイプです。

image-20150318143147.png

ちゃんとゴムがハンドルの内径に合うかも確認します。

image-20150318143157.png

バーエンドの長さも考えながら、
インナーウェイトの配置場所も決めます。

image-20150318143210.png

ここでインナーウェイトを本締めしていきます。

image-20150318143221.png

アクセル側は装着できました。

見た目は何も変わりません。

image-20150318143246.png

次にクラッチ側にインナーウェイトを装着します。

image-20150318143306.png

穴を見ても何も無いのを確認しています。
(何か入ってたら逆に怖いわ)

image-20150318143317.png

右側同様にインナーウェイトをインサートしていきます。

image-20150318143329.png

左側もハンドルの内径とゴムが合ってるか確認します。
(メーカーを信じてないわけではございません)

image-20150318143337.png

やはり途中で仮締めしていきます。

なぜ途中で仮締めするかといいますと、
配置場所で本締めからすると、
インナーウェイトがハンドルの奥に進もうとするからです。

image-20150318143346.png

長いヘキサゴンレンチが本領発揮する瞬間です。

ここで本締めしていきます。

image-20150318143355.png

最後にバーエンドのを本締めしていきます。

ココでバーエンドをキツく閉めると次に外すときが大変ですが、
走行中の落下が怖いので、確実に本締めします。

image-20150318143405.png

やっと完成です。

image-20150318143415.png

なにも見た目は変わりませんが、
次のツーリングで手が痺れないことを確認したいと思います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 2

大輔

ブログを拝見させていただきました。

早速ですが、インナーウエイトを使用しての走行はどうでしたでしょうか?
by 大輔 (2016-08-13 17:17) 

ピン

大輔さんへ

初めてのコメントありがとうございます。

バリオスは250ccのマルチエンジンですので、
元々振動は少ないですが、多少振動が減ったような気がします。

ハンドルの振動が気になるようでしたら、
インナーウェイトと、ヘビーバーエンドの併用も、
視野に入れて、検討されてみてはいかがでしょうか?
by ピン (2016-08-13 19:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。